メニュー

院長ブログ

少し高い血圧でも心臓の血管障害の危険は2倍に! (2024.07.13更新)
日本における心臓疾患における死亡順位は第1位の悪性新生物(いわゆる癌)についで第2位と高い疾患です。 この心臓疾患には高血圧は含まれず心臓の機能が低下する心不全、心臓を栄養する血管が動脈硬化によって… ▼続きを読む

オリーブオイルで認知症関連死亡の予防を! (2024.05.19更新)
オリーブオイルには、一価不飽和脂肪酸による血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)を下げる作用に加え、ビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化作用を持つその他の化合物を多く含むことから… ▼続きを読む

高血圧治療は、認知症リスクを下げる? (2024.04.20更新)
高血圧の患者さんに適切な血圧治療を行うことは、認知症のリスクを下げるとされています。 一方で高齢者に対する高血圧治療にも同様の効果が得られるかについては不明でしたが、イタリアのMilano-Bico… ▼続きを読む

転倒を減らすのに必要な運動量は? (2024.03.17更新)
世界保健機関(WHO)は、心身の健康のために高齢者に1週間で150から300分の運動を勧めています。   これまで運動量と転倒あるいは転倒に伴う怪我との関連についての報告には一貫性があり… ▼続きを読む

レカネマブって何? (2024.02.18更新)
レカネマブは、アルツハイマー病の新薬です。 薬の効果などは以前のブログを参照されて下さい。 本日は、レカネマブはアルツハイマー病の新薬であるのは分かった、知っているのだけど、自分にこの薬が使える?… ▼続きを読む

昼寝しすぎていませんか? (2024.01.21更新)
昼寝しすぎていませんか? 長時間の昼寝が認知症の原因かもしれません。   アメリカのBrigham and Women's HospitalのPeng Li氏らは、高齢者の昼寝が将来の… ▼続きを読む

年明けからアルツハイマー病新薬開始? (2023.12.12更新)
アルツハイマー病治療薬「レカネマブ(商品名レケンビ)」が2023年9月25日に日本でも承認され、保険適応について議論が行われています。 *日本認知症学会学術集会での講習会では2023年12月下旬まで… ▼続きを読む

認知機能維持に必要なのは身体活動量?睡眠? (2023.11.18更新)
身体活動量や睡眠不足・過眠はともに認知機能障害に影響することが様々な研究で明らかになっていますが、運動と睡眠がお互いにどのように影響するかなどは十分な検討がされていませんでした。   イ… ▼続きを読む

高コレステロール血症治療薬における脳血管障害の予防効果 (2023.09.17更新)
2023年8月南デンマーク大学のDavid Gaist氏らは、高コレステロール血症治療薬であるスタチン系薬剤を服用すると、その後の脳梗塞のリスクが低下する可能について、「Neurology」に報告しま… ▼続きを読む

アルツハイマー型認知症の新薬「レカネマブ」 アメリカでは承認済! (2023.08.11更新)
「レカネマブ」とは、アルツハイマー病治療薬の新薬です。エーザイとバイオジェンが共同で開発しており、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβを取り除くことを目的としています。この薬は、日本では202… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME