メニュー

院長ブログ

おばた内科クリニックにおける物忘れ外来(2022.06.19更新)

高齢化がすすむことにより、日本の認知症の患者さんは右肩上がりに増えている状態です。

現在の医療では、認知症を根本的に治療することは難しいかもしれませんが、認知症について正しく理解することにより、認知症発症を予防することや、認知症を発症しても、今の生活を維持することが期待できます。

認知症がどのような病気であるのか、認知症になったときにどうすれば良いのか、おばた内科クリニックではどのようなことをおこなっているのかをスライドを作成しました。

今回は、「おばた内科クリニックにおける物忘れ外来」について、お話をさせて頂きます。

一番大事な事は、治療を受けて頂くのは患者さまであり、患者さま毎に最も適切と考える診療を行うことと考えます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME