メニュー

リハビリテーション

脳卒中後で歩きにくい方へ(2021.12.05更新)
脳梗塞や脳出血による脳卒中の後遺症のため、歩きにくさでお困りの方は多いと思います。 ここでは脳卒中(脳梗塞、脳出血)が原因で起こりやすい痙性片麻痺歩行について、当院のリハビリスタッフより解説して頂き… ▼続きを読む

パーキンソン病の歩行特徴とリハビリ(自主訓練)について(2021.10.24更新)
✩パーキンソン病の3つの歩行特徴✩ 1 すくみ足歩行 ・歩き始めの一歩が出にくい ・目的地に近づくと足が出にくくなる 2 小刻み歩行 ・歩幅が極端に小さくなり、歩行が小刻みになる 3 突進… ▼続きを読む

食べにくさ(嚥下障害)・話しにくさ(構音障害)の改善を目的とした自主訓練のやり方:その2(2021.05.23更新)
先日食べにくさや話しにくさの改善を目的とした自主訓練について報告させて頂きました。 今回はその2です。 今回の内容は、体全身を使った訓練や道具を使って簡単にお家でもできる訓練内容と… ▼続きを読む

食べにくさ(嚥下障害)・話しにくさ(構音障害)の改善を目的とした自主練習のやり方(2021.05.09更新)
先日、食事や水分を摂られる時にむせ込んだり、食べ物や水分が肺に落ち込んでしまうことを誤嚥と言う話をさせて頂きました。 嚥下機能障害により肺炎を発症した場合(誤嚥性肺炎)は通常の細菌による肺炎よりも重… ▼続きを読む

食事や水分を摂られる時にむせ込んだりしませんか?(2021.04.18更新)
食事や水分を摂られる時にむせ込んだり、食べ物や水分が肺に落ち込んでしまうことを誤嚥と言います。 むせ込んだり、誤嚥することを嚥下機能障害と呼び、原因として加齢による食べる能力の低下や脳梗塞などの脳血… ▼続きを読む

腰椎椎間ヘルニアの症状・治療について(2021.03.06更新)
人生の中で80%~90%の人が経験すると言われている腰の痛み。 その内、80%の人が骨、椎間板、靭帯などに異常がなく、原因不明だと言われ、残りの20%の人には何かしらの原因があるとも考えられています… ▼続きを読む

運動習慣と人との関わりを持っていますか?(2021.01.17更新)
新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、福岡でも非常事態宣言が発令され、感染が心配なことから家で過ごす時間が増えている方が多いと思います。 高齢の方や、糖尿病や呼吸器疾患などの基礎疾患がある方… ▼続きを読む

肩の痛みでお困りではありませんか?(2020.10.18更新)
肩の痛みについて 「肩が痛い」肩の痛み一つでも様々な病名があります。 「四十肩かな?」「すじが切れているのかな?」「首からきているのかな?」 肩の痛みを経験した事がある方は一度考えた事ありません… ▼続きを読む

麻痺症状がもう良くならないと諦めていませんか?(2020.07.19更新)
おばた内科クリニックでは、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による手足がうまく動かせない症状(麻痺)を改善させるために、随意運動介助機能的電気刺激(Integrated Volitional contro… ▼続きを読む

転倒予防にバランス訓練を!(2020.05.24更新)
転倒すると10%で骨折や脱臼、捻挫などを起こすとされます。 骨折による寝たきりを防ぐためにも、転倒予防が大事です。 転倒の危険因子に当てはまる場合は、ぜひ予防を心がけましょう! … ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME