メニュー

神経疾患(パーキンソン病など)

脳卒中後で歩きにくい方へ(2021.12.05更新)
脳梗塞や脳出血による脳卒中の後遺症のため、歩きにくさでお困りの方は多いと思います。 ここでは脳卒中(脳梗塞、脳出血)が原因で起こりやすい痙性片麻痺歩行について、当院のリハビリスタッフより解説して頂き… ▼続きを読む

パーキンソン病の歩行特徴とリハビリ(自主訓練)について(2021.10.24更新)
✩パーキンソン病の3つの歩行特徴✩ 1 すくみ足歩行 ・歩き始めの一歩が出にくい ・目的地に近づくと足が出にくくなる 2 小刻み歩行 ・歩幅が極端に小さくなり、歩行が小刻みになる 3 突進… ▼続きを読む

根本的なパーキンソン病治療への展望(2021.10.10更新)
パーキンソン病は、中脳の黒質にあるドパミン神経細胞が障害を受けることにより、黒質で作られるドパミンが減ることにより体が動かしにくい、手足が震えるなどの運動障害が出現するとされています。 この障害の原… ▼続きを読む

その頭痛は天気痛(気象関連頭痛)では?(2021.09.12更新)
頭痛の原因として片頭痛や筋肉の緊張などが原因による筋緊張型頭痛などがあります。 また、経験的に頭痛など痛みが出やすい方には、雨や台風など天候が悪いのに一致して痛みがひどくなることが度々経験されます。… ▼続きを読む

腰椎椎間ヘルニアの症状・治療について(2021.03.06更新)
人生の中で80%~90%の人が経験すると言われている腰の痛み。 その内、80%の人が骨、椎間板、靭帯などに異常がなく、原因不明だと言われ、残りの20%の人には何かしらの原因があるとも考えられています… ▼続きを読む

パーキンソン病の新しい治療の可能性について(2020.08.29更新)
パーキンソン病は体が動かしにくくなる病気の一つで、特徴的な症状は体の動きが緩徐になる無動、手や足が震える振戦、体が固くなる固縮、バランスが取りにくくなる姿勢反射障害で、これらを総称して4大症状と呼びま… ▼続きを読む

麻痺症状がもう良くならないと諦めていませんか?(2020.07.19更新)
おばた内科クリニックでは、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による手足がうまく動かせない症状(麻痺)を改善させるために、随意運動介助機能的電気刺激(Integrated Volitional contro… ▼続きを読む

パーキンソン病による歩きにくさがある場合の歩き方について(2020.04.12更新)
パーキンソン病は手や足が震える(振戦)、体が動かしにくい(動作緩慢)、体が固くなる(固縮)、歩きにくく転倒してしまう(姿勢反射障害)を特徴とする病気です。 飲み薬や貼り薬などの薬による治療に加え、い… ▼続きを読む

パーキンソン病のデバイス補助療法(DAT: device aided therapy)(2019.12.22更新)
パーキンソン病の治療はL-ドパ製剤を中心とした薬による薬物療法とリハビリテーションが基本となります。 しかし、病状の進行に伴い、薬の効果が弱まり、薬の投与量が増えることによる副作用が問題となります。… ▼続きを読む

パーキンソン病のリハビリテーション(2019.11.10更新)
パーキンソン病は進行性のため、病状が軽いときは薬物治療のみで日常生活に問題ないことが多いです。 ですが、病状が進むことにより、徐々に薬物治療のみでは転倒や誤嚥の出現など日常生活に支障が出てくることが… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME