メニュー

認知症

認知症の症状で困った時の対処法(2022.05.21更新)
高齢化がすすむことにより、日本の認知症の患者さんは右肩上がりに増えている状態です。 現在の医療では、認知症を根本的に治療することは難しいかもしれませんが、認知症について正しく理解することにより、認知… ▼続きを読む

運動や労働、家事は5年後のパーキンソン病の進行を遅らせる事が期待出来る(2022.05.08更新)
パーキンソン病は、体が動かしにくくなることに加え、体が震えたり、硬くなったりする病気です。 内服薬での治療に加え、脳深部刺激療法やレボドパ・カルビドパ配合経腸用液療法などの外科的治療、リハビリテーシ… ▼続きを読む

④認知症を来す主な疾患(動画資料)(2022.03.27更新)
高齢化がすすむことにより、日本の認知症の患者さんは右肩上がりに増えている状態です。   現在の医療では、認知症を根本的に治療することは難しいかもしれませんが、認知症について正しく理解する… ▼続きを読む

②自分は認知症か大丈夫?(動画資料)(2022.02.27更新)
高齢化がすすむことにより、日本の認知症の患者さん(物忘れの患者さん)は右肩上がりに増えている状態です。 厚生労働省の発表によりますと、その数は2025年には700万人にも達し、65歳以上の5人に1人… ▼続きを読む

認知症に関係する7つの危険因子(2021.11.21更新)
2型糖尿病は、認知機能障害や認知症発症との関連がさまざまな研究で報告されています。 オランダのMaastricht University Medical CentreのApril C.E. van … ▼続きを読む

睡眠不足や睡眠障害は認知症の危険度を高める(2021.09.25更新)
睡眠不足や睡眠障害によるデメリットとして以下のような点が上げられます ・脳に物忘れ(認知症)の原因とされるアミロイドβが蓄積する ・認知機能と関係する成長ホルモンが不足し、認知機能が低下する ・… ▼続きを読む

運動して物忘れ(認知症)を防ぎましょう!(2021.08.15更新)
運動は物忘れなどの認知症に対し有効であることが分かっていますが、どのような運動が最も効果的であるのかは分かっていませんでした。 中国・北京大学のXiuxiu Huang氏らは、認知症または軽度認知障… ▼続きを読む

アルツハイマー型認知症治療の未来(2021.07.04更新)
アルツハイマー型認知症の治療薬はいくつかありますが、症状の改善が期待できるものではあるものの、病気の根本的な改善は難しい状態でした。 aducanumabはアルツハイマー型認知症の原因とされる脳内ア… ▼続きを読む

運動習慣と人との関わりを持っていますか?(2021.01.17更新)
新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、福岡でも非常事態宣言が発令され、感染が心配なことから家で過ごす時間が増えている方が多いと思います。 高齢の方や、糖尿病や呼吸器疾患などの基礎疾患がある方… ▼続きを読む

糖尿病治療薬(メトホルミン)で認知症のリスクが低下(2020.11.22更新)
Diabetes Care誌11月号にて、糖尿病治療薬の一つであるメトホルミンが認知機能の低下と認知症発症との関連についての研究で、メトホルミンを服用している糖尿病患者さんは、メトホルミンを服用してい… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME