メニュー

神経疾患(パーキンソン病など)

iPS細胞を用いたパーキンソン病への臨床試験(2018.11.18更新)
京都大病院は、様々な細胞に変化する人のiPS細胞(人の人工多能性幹細胞)から神経細胞を作り、10月に50歳代のパーキンソン病の男性患者の脳に移植したと2018年11月9日発表しました。 保険適… ▼続きを読む

iPS細胞によるパーキンソン病治療に対する試み(2018.08.14更新)
近く京都大のチームがiPS細胞(人の人工多能性幹細胞)を用いたパーキンソン病に対する治験を開始する方針となりました。 パーキンソン病は脳内での神経伝達物質であるドーパミンを出す神経細胞が減ること… ▼続きを読む

パーキンソン病とは?(2018.07.01更新)
概念  体が動かしにくくなる病気の1つです。  特徴的な症状は無動(動作緩慢)、静止時振戦、筋強剛(固縮)、姿勢反射障害で、これらを総称して4大症状と呼びます。  また、便秘などの自律神経… ▼続きを読む

パーキンソン病に伴う自律神経障害(便秘、頻尿、立ちくらみ)(2017.12.10更新)
パーキンソン病とは、体の動かしにくさ、手足のふるえ、身体のこわばり、バンスがとりにくいなどの運動症状が特徴的な病気ですが、他にも便秘や頻尿などの自律神経障害やうつ症状などの精神症状も現れることがありま… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME