メニュー

脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)について

脂質異常症とは

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が正常値ではないことから、引き起こされる疾患です。コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があります。脂質異常症は、悪玉コレステロールが増えたり、善玉コレステロールが減ったりしている状態です。
この状態が改善されないと、余分な脂質が動脈の壁にくっついて、血管を硬く狭くしていき、動脈硬化につながります。

脂質異常症の症状

自覚症状はほとんどありません。
進行すると自覚症状がないまま血液がドロドロの状態になり、動脈硬化が進んで脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気のリスクになります。

脂質異常症の治療方法

食事・運動療法を中心に、必要に応じて薬物療法を組み合わせた治療を行います。
食事の面では、特にコレステロールの高い食品の摂取を控えることが大切です。お仕事の状況や生活環境なども考慮したうえで、患者さまが実現可能な治療目標を立て、改善できるよう継続的にサポートしていきます。

自費診療について

文書作成

治癒証明書 500 円
*学校などへ提出する簡単なもので、内容によって金額が変わることがあります
普通診断書 2,500 円
身体障害者診断書 6,000 円
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME